MR転職ブログ(製薬会社の中途採用など)

製薬会社の中途採用など、MR転職に興味がある方、もしくは現在転職活動をされている方向けに、情報を掲載。MR転職サイトなどの紹介も。

MR面接 志望動機作り方のポイント

MR転職のクライマックスといえば、やはり面接です。

何度、面接があるかは差がありますが、一般的には2回、3回といった程度は面接があると思います。

気をつけたいポイントは、面接の度に言うことが違わない事。
発言内容がぶれないことは、最低限ですね。

面接の内容等、次の面接担当者に引き継がれることも多いですから、前回と言っていることが違うのでは?と思われないように、1本芯を通しておくことは大切です。

面接で重要視される質問項目として、「志望動機」がありますね。

どうしてうちの会社の中途採用に応募してきたのか。
どんなMRとなりたいのか、どんな仕事をしたいのか。
どうして今の会社を辞めようと思ったのか、といった転職理由とともに面接官が特に突っ込んで聞きたいのが志望動機となります。
転職理由と志望動機は関連づけることが重要です)

当然のことですが、取り繕ったような志望動機はすぐに見破られてしまいます。

また面接官は長く活躍できる人材かどうかも見極めたいと思っています。
どうしても製薬業界の中ではMRは転職する人材が比較的多いため、気にする事が多いようです。
そうした所に関しても、フォローできるような内容で志望動機や面接の受け答えを想定して準備をしておくと良いかもしれませんね。

また、なぜこの製薬会社のMRとして働きたいのか、と言うことも話をできるように準備しておくようにしたいですね。
その場で考えると、どうしても話の辻褄が合わなくなりがちです。

予め予想される質問に関しては、十分に準備をしておきたいところです。