MR転職ブログ(製薬会社の中途採用など)

製薬会社の中途採用など、MR転職に興味がある方、もしくは現在転職活動をされている方向けに、情報を掲載。MR転職サイトなどの紹介も。

12月 MR転職のスタート時期

12月になりました。

転職活動のためにMR求人をチェックされている方も増える時期ではと思います。

また、転職エージェント、人材紹介会社に登録される方が増え始める時期でもありますね。

12月前半~半ばくらいまでは、少し忙しい時期になります。

MR求人、中途採用の情報もそうなのですが多くの業界・業種で求人が増える時期は2月、3月ですね。

早い方ですと、12月から転職を見据えて情報収集をスタートされています。
それと同時に、履歴書、職務経歴書の叩き台というか、ご自身のキャリア・実績の棚卸しなども始められています。

これって、短時間ではしっかりアピールできる内容にまとめるのが難しいですから、事前に手を付けておかれることをオススメしたいです。

12月のボーナス支給後に退職を考えている方にとっては、いつ上司に退職のことを切り出そうかと、タイミングを見計らう日々が続く時期かもしれませんね。

いずれにしても、転職を考えるのであれば少し早めに情報収集、は重要ですね。

一般的には転職活動は2ヶ月程度は見ておくと安心、と言われます。

もちろん個人差はありますし、早期に内定を得る方もいます。
3ヶ月以上、半年くらいかかる方もいらっしゃいます。

希望する求人が見つかるかどうか、にもよりますね。

また来年は薬価の問題もあり、業界全体としてもどうなっていくか気にする必要があるかもしれませんね。

より好条件、働きやすい職場探しをするにはMR求人が増える年明け、1月、2月、3月は良い時期となります。

タイミングを逃さず、転職活動を進めて行きたいですね。

【MR転勤】3月は転勤辞令の時期ですが・・・

3月も半ばを過ぎましたが、転勤辞令が出て悩んでいるMRの方も多いのではないでしょうか。

全国に支社、営業所のある企業に勤めるサラリーマンにとって、3月は実にそわそわする時期ですよね。

MRはまさに転勤が前提の仕事

多くの方が今月、転勤辞令を受けているのではないでしょうか。
いつか来るかな・・・と思っていた方は、準備に気持ちを切り替える事も出来るでしょう。

しかし、中にはどうしても転勤出来ない理由がある方もいると思います。

常日頃から人事に対して事情を説明していれば、多少は考慮してくれるかも知れませんが、基本的には出るときは出ると考えて良いですよね。

そうなると転職、という選択肢が頭をよぎる方も多いでしょう。

もし今回は転勤しなくても済むように交渉できたとしても、数年後にはまたどうなるか分かりません。

そしてその時の年齢によっては転職が非常に厳しい可能性もあります。

40代になると、かなり難しいです。
30代も年齢によっては難しい方も多くなるでしょう。

そうなると、転勤辞令を受けざるを得ない、となってきます。
もちろん、その時には転勤可能な状況になっている、という可能性もありますが・・・。

転勤が転職理由となる場合には、それほどゆっくり考えている期間は無いかもしれませんね。

転勤の日が迫ってから退職したいと言ってしまうと、会社側にも迷惑をかけてしまうでしょう。

必要であれば、早めに転職の可能性を模索される事を検討されると良いかも、と思います。
皆さんにとって、3月はどういった月になっているでしょうか?

小野薬品工業 がん治療に新たな免疫治療薬「抗PD―1抗体」を実用化

癌治療に新たな可能性です。

もうご覧になったMRの方も多いと思いますが、

15年間諦めなかった小野薬品 がん消滅、新免疫薬

という記事。

免疫を使ってがん細胞を攻撃する新たな免疫治療薬「抗PD―1抗体」が実用化されたという内容です。

私の知り合いにも、癌と闘う人がいます。
こうしたニュースはとても期待が出来ますし、希望が持てますね。

今後のニュースにもさらに注目したいと思っています。

9月のMR転職、求人ニーズ

お盆が終わると転職市場は活発になるのですが、MR求人も同様に増加傾向にあるようです。

色々な求人サイトをチェックして、そのような傾向がある印象です。

一方で転職希望者は9月は少しお休みというか、出足としては遅いのかなと思っています。
ボーナス時期の退職を考えて転職活動を始めるには少し早いかなという時期ですし、実際には10月頃から転職活動をされる方が増えるのではないでしょうか。

ただし、製薬会社からのMR求人は何時のタイミングで募集が出てくるか分からない部分もありますから、転職をお考えのMRの方は、あらかじめ情報をすぐに得られるようにMR転職エージェントに登録をしておくと良いかと思います。

9月以降も引き続きMR転職は活発な予想がされています。

ギリアドMR求人

などのような注目の情報も出てくるかもしれませんね。

MR転職が決まらない、という悩み

転職活動をしていて、ストレートに1社目の求人応募で採用が決まる!しかも本命の会社!
という事は少ないと思います。

もしそういった、とても順調な転職活動が出来たのでしたらラッキーかもしれません。

MR職に限りませんが、転職活動を始めて数社目で内定を獲得できた、という方は多いです。

また、多くの方がそれを見越して転職のスケジュールを立てていると思います。
今の会社で働きながら、在職しながら転職活動をされる方が多いと思いますから、生活費は大丈夫かと思います。

もし退職してから転職活動、と言うことになりますと仕事が決まらない焦りは、転職活動の期間が長くなればなるほど辛くなってきてしまいます。

結果として、焦りから妥協して転職先を決めてしまうケースが多いですから、もし退職してから転職先となる製薬会社を探すのであれば、半年くらいの生活費は貯金しておきたいところです。
それだけ蓄えを持っていても、転職先が決まらないと焦りますけども。

何社も応募しているけれど、どうしても内定を貰う事が出来ない。。

という場合には、応募書類、面接対策、何かが良くないのかもしれません。
自分自身で客観的にそれを見る事は難しいです。

そういった場合には、

リクルートエージェント

などの転職エージェントを利用して、アドバイスをもらう事をおすすめします。

やはり今まで何百人と転職希望者をサポートしてきているプロに見て貰うことで、改善すべき点が分かった、という方は多いです。

利用は無料ですしね。

お盆休みに、自分のキャリアについて考えてみる

お盆休みの方も多いと思います。

私は今日は仕事です。
毎年のことですが、完全な連休ってなかなか取れないものです。

ところでお盆休みは少し時間を取って、これからのキャリアについて考えてみる、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実家に帰って親や旧友と会うことで、何か考え方も変わるかもしれませんし、きっかけになる場合もあります。

お盆明けというのはMR求人も増えてくる時期になりますから、転職するタイミングとしてはちょうど良いとも言えるんですね。

迷っている方は、なんらかのアクションを起こしてみると、考え方もまとまってくるかもしれませんね。

それでは、残りのお盆休み、良いお休みをお過ごしください。

MRと英語力

外資系製薬メーカーに勤務していると、上司が外国人、という事もあるでしょう。

ある程度以上の役職になると本社とやり取りや会議があるので英語力は必須、という場合もあります。

一般的なMR職の場合には、英語力はそこまで重視されて採用される事は少ないですが、英語力はあればあってに越したことはありません。

医学論文を読む際にも必要ですし、ドクターへの情報提供の際にも海外文献から情報提供できると喜ばれます。

英語力があると、転職時の選択肢も広がります。

もし余力があれば、英語の勉強をするのはとても良いかもしれませんね。
(というか、昇進のための必須な方もいると思います)

もうすぐお盆休み、リフレッシュできる時期が目の前ですから、もう一頑張り。
仕事をしっかり終わらせて、お盆休みに突入したいですね。